自然工房 与十郎
漆の豆知識
  漆かぶれ


未乾燥の漆に触れた場合、ほとんどの方にアレルギーが出ます。 漆塗りの職人さんでも、体調や気候によりかぶれる事があります。 体質や体調によって、アレルギーが出る場合も出ない場合も有ります。 また、稀に過度のアレルギー体質の方も居られ、全身に発疹が出る場合もありますので、初めて漆を触られる場合は注意が必要です。 アレルギーは、漆が皮膚の毛穴に付着した場合のみに出ますので、毛穴が広がる暑い時期や、お風呂上りなどにはかぶれ易くなります。 余談になりますが、毛穴の無い口の中はかぶれません。



  漆かぶれとは


漆のフェノール系物質が、皮膚のタンパク質と反応して起こるアレルギー現象です。 体質や体調により酷くなったり、軽く済んだりするのは、個人々の免疫力が関与しているといわれます。 また、一度かぶれると二度とかぶ れないといった事は無く、むしろ一度かぶれた人は何度でもかぶれる様ですので、未乾燥の漆を触られる時は注 意が必要です。



  漆にかぶれてしまったら


運悪くかぶれてしまった場合は、とりあえず皮膚科に行かれる事をお勧めします。 皮膚科へ行く程ではないと思われる方は、漆業界で昔からの治療法として、塩水で洗うと良い様です。 個人的には海水で洗うのが一番早く治る様ですので、海に近い方にはお勧めです。