自然工房 与十郎
 

  よくあるお問い合わせ

 ■Q 漆はどの位の時間で乾きますか?
   A 気温や湿度、それに素材によってかなり開きがあります。
     目安としては最も良い条件(気温27℃、湿度75%位)で1日間
     ですが、気温や湿度が極端に低い場合は、1ヶ月経っても乾か
     ない場合も有ります。
 梅雨時期は自然のままでも乾きますが、
     寒い冬は保温も保湿も必要になります。

 ■Q 透明の漆は有りませんか?

   A 漆自体が飴色をしているため、無職透明はございません。
     また、この事から、色漆も顔料の色よりも飴色っぽくなります。


 ■Q すりうるしに適した漆はどれですか?
   A 主に生漆(きうるし)が使われています。
     好みにより黒漆や色漆を注す場合もあります。

 ■Q かぶれない漆はありませんか?
   A 率直に言って、漆はかぶれます。 かぶれるから漆です。
     乾いてしまえば、極度なアレルギーの方で無い限りかぶれま
     せんが、乾く前の漆を扱う時は注意が必要です。
     漆に似た性質のもので、カシューというのがあり、そちらはかぶ
     れません。

 
■Q 包装・のしはできますか?
   A 無料にて承ります。
     箱入れは元々ついている物以外は別料金頂きます。
     紙箱¥100〜¥200程度
     木箱¥1000前後となります。

 ■Q 名入れは出来ますか?
   A 金蒔絵にて名入れ可能です。
     記念品や贈り物に是非どうぞ。  お好きな言葉お入れします。
     文字数により、値段が異なりますのでお見積もりお出しします。
     数量により、印刷での名入れも承ります。
     
注意:名入れの料金は、カード会社の規定により、カード決済が
         出来ませんのでご了承ください。


 
Q 金属に漆はぬれますか?
   A 
金属に漆を塗るには、焼付ける方法と、プライマー処理後に塗る方
     法があります。 焼付けの場合、160度の安定した状態で30分程焼
     く事で、漆が硬く硬化します。 これは熱硬化性のフェノール樹脂が
     硬化する事と似た現象です。 この方法で、昔は大砲や鉄砲の錆
     止めをしていました。
     プライマー処理とは、漆が直接密着しないものに塗る場合の下処理
     です。 金属の種類によってもプライマーを変える必要があります。 
     また、ガラスやプラスチックに漆を塗る場合も、プライマー処理が必要
     です。


 ■Q 安価で漆塗風に仕上げて欲しいのですが?
   A ウレタン塗装にて漆のような仕上がりにすることが可能です。
     また、漆では出来ない様な塗りもできますので、ご相談くだ
     さい。

 Q 海外発送は出来ますか?
   A 出来るものと、出来ないものがございますのでご相談ください。
     木によっては、湿度や温度によって、反ったり割れてしまうもの
     があります。 また、漆液は劇物扱いになる場合もあります。
     
注意:海外発送の場合カード会社の規定により、カード決済が
         出来ませんのでご了承ください。


 ■Q 素人でも漆は塗れますか?
   A 拭き漆(木に漆をしみこませて木目を浮き立たせる)程度でした
     ら、ある程度漆の性質をご理解いただければ出来ますが、黒塗
     や、朱塗りにする場合は、道具や設備、それから経験が必要な
     ため、誰にでもといった簡単なものではありません



     出来る限りお客様にご要望にお答えするよう努めております
     ので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 
                                   与十郎